ごあいさつ

石造美術工芸師 江波 圭一
石造美術工芸師 江波 圭一

私がこの石をあつかう仕事に就いた最初の理由は、灯篭や仏像を彫刻してお金までもらえるとは何て素敵な仕事だろう!というものでした。

私は幼い頃から父親が絵描きという特殊な家庭環境のなか、様々な芸術作品に触れ、また自分でも拙いながら物作りに励んでた記憶があります。

決して器用ではなかったのですが、好きの一念でしつこく物つくりに執着していました。

この自分の性格と石という素材の持つ性格が妙に肌にあったのでしょう、荒石にノミをあて石頭で叩いた最初の日から、「これだ!これが自分の生きる道だ!」と感じて、修行に励んでいました。

振り返れば、兄弟子や師匠や社長から指導を受けたり、灯篭談義を交わす修行の日々は、本当に幸せでした。

しかし世の中は確実に変化していきます。今まで通りに作っていた物が、年を追うごとに売れなくなってしまったのです。

石都と呼ばれる岡崎でも、一軒また一軒と灯篭石屋さんが店を閉めて行くのを目の当たりにしました。

自分もこれからの生き方を模索し、建築石材業や土木石材業、そして墓石製造業に石材採掘業という具合に、石に関するありとあらゆる仕事を、本当になりふり構わず経験させて頂きました。

そして現在愛知県のあま市にて、私の技術と共に石製品を販売するお店を構えました。

今まで培った技術や経験は私の体の中で在庫として大量に眠っています。

せっせと貯めたこの在庫を世間のみなさまにぜひご覧頂けるよう、どうか一度えなみ石材にお仕事をご依頼下さい。

ご案内(名古屋方面より、津島方面より)

県道79号 あま愛西線(以前は甚目寺佐織線)篠田交差点を南へ700m

県道68号 名古屋津島線 下田橋西交差点を北へ700m

MAP

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

ギャラリー(画像をクリックすると拡大します)